package.jsonをどう書けばいいのかよくわからない・・・。jade, coffee-script, stylusだけをgitで管理し、gruntでビルドしたjs, css, bower_componentsとかは、gitで管理する必要がない。流れ的には下記の通り。 jade, stylus, coffee-scriptで開発。 gruntで更新ファイルを監視し、jadeはcopy、stylusはcssへ、coffee-scriptはjsへ。 gitで管理するのは、1.のファイルたち。 Herokuへdeploy。 gruntが実行して、1.のファイルたちが2.になってサーバーが動く。 この流れに行き着くまでに色々理由がある。 coffeeファイルでNode.jsを動かしてもいいが、syntaxerrorが事前にわかりにくい。 → grunt-coffeelintで文法チェックをする → 文法チェックしても動くかどうかはわからない。 → やっぱりjsファイルにしてから動作確認したい。 grunt-autoprefixerを使えば、-webkit, -mozなどを書かなくても保管してくれる。 → stylusには効かない。 → stylusからcssに変換してからautoprefixerを掛ける。 Herokuへdeployするにはgitで管理しているファイルに限る。 → gruntで書きだしたファイルをgitで管理する?いやそれはない。 → gruntで書きだす前のファイルをgitで管理しないと意味がない。 Herokuへdeployする時にgruntを動かしたい。 → 方法としては、package.jsonのscriptにpostinstallを追記する。 → または、Herokuが提供しているbuildpackを使ってgruntを叩くようにheroku configで設定をする。 4.の項目に関して、具体的なpackage.jsonは下記の通り。 package.json 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

続きを読む

プロフィール画像

こたぽん

ビールと生ハムが好き

フロントエンドエンジニア

Tokyo