スマフォのブラウザで遊ぶソーシャルゲームでは、Mobageは「ExGame」、GREEは「Reel」または「Theatrical」というSWF変換エンジンが提供されています。その場合は、Flash Lite 1.1でパブリッシュされたSWFファイルを変換してくれるので、JavaScriptを使ってcanvasでガリガリ演出を作るよりは、まだまだFlashが活躍している現状があります。今回は、Flash Lite 1.1で重複しないランダムを作る方法を紹介します。 Flash Lite 1.1では配列が使えません。 配列が使うことさえできれば、いろんな方法がありますが、Flash Lite 1.1はActionScript4相当なので、配列というのがありません。こういう場合は、set()関数とeval()関数を駆使して、重複しないランダムを扱う方法があります。最初に、set()関数とeval()関数のおさらいから。 js 1 2 3 4 5 6 // set()関数は変数を作って値を代入することができます。 set("hensu", "ほげほげ"); trace(hensu); //ほげほげ と出ます。 // eval()関数は文字列で変数を呼び出すことができます。 trace(eval("hensu")); // ほげほげ とでます。 重複しない乱数を作ってみましょう。 0〜19まで数字を20個ランダムで作る例です。 js 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

続きを読む

だいぶごぶさたしてました。。。最近はJavaScriptやCSSを触ることが増えてきましたけど、久しぶりにFlashについて書こうとおもいます。ActionScript3になってから正規表現がサポートされましたが、ActionScript2、1では使うことができません。それを使えるようにするライブラリを見つけたので簡単に紹介します。 ライブラリ配布サイト:http://www.jurjans.lv/flash/RegExp.html ここのページで、まず最初にはまってしまいましたのが、AS1とAS2で使用するライブラリの種類が違いました。 AS1用:RegExp.zip AS2用:RegExp_JLott.zip このzipファイル名を探してダウンロードしてください。解凍したzipファイルの中にあるasファイルをドキュメントルートに設置して、スクリプトで読み込めるようにしておいてください。 RegExサンプルコード AS2 ActionScript 1 2 3 4 import RegExp; var regexp = new RegExp("([^?]*)");//←括弧のなかに正規表現パターンを入れる result1 = regexp.exec("ここにテキストを入れる");//パターンにマッチした部分を摘出 result2 = "検索する文字列".replace(regexp,"置き換えたいテキスト");//パターンにマッチした置き換え いろんな参考ページをみたときに、new RegExpの第2引数になんらかのStringを入れていましたが、いまいち用途もわからず、なくても正しく動きましたので今回は省きました。 RegExサンプルコード AS1 ActionScript 1 2 3 4 #include "RegExp.as" var regexp = new RegExp("([^?]*)");//←括弧のなかに正規表現パターンを入れる result1 = regexp.exec("ここにテキストを入れる");//パターンにマッチした部分を摘出 result2 = "検索する文字列".replace(regexp,"置き換えたいテキスト");//パターンにマッチした置き換え 正規表現というのはとても便利でいいんですが、僕はいまいち使いこなせていないです。。^^;

続きを読む

ActionScript2を相変わらず使っています。制作業界はもうActionScript3が主流なんですかね。。 ボタンの上にボタンが来るようなコンテンツを作るとき、下のボタンが反応してしまう時があります。それ以外のときでも、onRollOverハンドラで動くモノの上にマウスカーソルを持ってくると、人差し指カーソルになってしまい、矢印カーソルのままにしたい時があります。 そんな時に使うのがuseHandCursorです。マウスカーソルが人差し指になってほしくない所にMovieClipをおいて、そのMovieClipに対してuseHandCursor = false;としてあげるとマウスカーソルは矢印のままになります。ただし、そのMovieClipにonRelease、onRollOverなどのイベントハンドラを設定していることが条件です。 ActionScript 1 2 3 4 mc.useHandCursor = false; mc.onRollOver = function(){ trace("ほげほげ"); }

続きを読む

Flashコンテンツを更新する際、XMLなど外部ファイルにデータを持たせて、それを更新するようなパターンがあります。メリットとしては、Flashアプリケーションを触らなくても更新でき、CMSとの連携もとれたりして非常に便利ではありますが、ActionScriptが複雑になり、Flashコンテンツの制作時間が長くなってしまうデメリットもあります。 XMLを更新したはずなのに、Flashの中身が変更されていない。という時がありました。ほとんどの場合ブラウザがキャッシュしているXMLが残ったまま、更新されたXMLを読みに行かないというのが原因です。のです。確認するときにブラウザのキャッシュを消せばいいのですが、お客さまにわざわざキャッシュを消させるわけにはいきません。^-^; そこで今回は、ActionScriptでXMLのキャッシュを残さない方法を紹介します。残さないというより、FlashがXMLをロードする時に常に違うファイルとしてブラウザに認識させる方法。という言い方のほうが正しいです。 ActionScript 1 2 var myXML:XML = new XML(); myXML.load("hoge.xml"+"?noCache="+new Date().getTime()); XMLファイルにアクセスするパスに、?引数で現在の時間を付け足しています。サーバーへのアクセスは、[hoge.xml?noCache=1254463831798]こんな感じになり、ブラウザは1秒前とは違うファイルと認識して新たにXMLを取得、キャッシュを見に行くことはなくなるということです。特にXMLファイルの中身を書き消したりすることはありませんのでご安心を。 コンテンツが更新されない!とパニックを起こされる前に事前に対策しておいたほうがいいですねー!

続きを読む

どういうときに起きたか 外部にある、jpgやgifファイルをFlashが読み込んで表示させるコンテンツはよくあります。例えば、その時画像が、画像専用のサーバーにあって、swfファイルとは別のドメインにあるとします。普通に画像を読み込むだけでは問題ないのですが、その読み込んだ画像に対してsetMaskメソッドを使うと、下記のようなアラートが出ました。 *** セキュリティ Sandbox 違反 *** SecurityDomain 'http://image.www.hoge.co.jp/hoge.gif' が互換性のないコンテキスト 'file:///C/hoge.swf' にアクセスを試みました。 おそらく原因は、 setMask();メソッドが、外部画像を読み込んだMovieClipに対してマスクをかけるのではなく、なにか見えない力で外部画像がマスクをとりにいっている。そういうイメージなのかもしれません。つまりクロスドメインなんでしょうね。 解決方法 ActionScriptで下記を追加すると一発で直りました。 ActionScript 1 System.security.allowDomain("*"); いやぁ~いろいろ難しいですねーw ^-^;

続きを読む

プロフィール画像

こたぽん

ビールと生ハムが好き

フロントエンドエンジニア

Tokyo