スマフォのブラウザで遊ぶソーシャルゲームでは、Mobageは「ExGame」、GREEは「Reel」または「Theatrical」というSWF変換エンジンが提供されています。その場合は、Flash Lite 1.1でパブリッシュされたSWFファイルを変換してくれるので、JavaScriptを使ってcanvasでガリガリ演出を作るよりは、まだまだFlashが活躍している現状があります。今回は、Flash Lite 1.1で重複しないランダムを作る方法を紹介します。 Flash Lite 1.1では配列が使えません。 配列が使うことさえできれば、いろんな方法がありますが、Flash Lite 1.1はActionScript4相当なので、配列というのがありません。こういう場合は、set()関数とeval()関数を駆使して、重複しないランダムを扱う方法があります。最初に、set()関数とeval()関数のおさらいから。 js 1 2 3 4 5 6 // set()関数は変数を作って値を代入することができます。 set("hensu", "ほげほげ"); trace(hensu); //ほげほげ と出ます。 // eval()関数は文字列で変数を呼び出すことができます。 trace(eval("hensu")); // ほげほげ とでます。 重複しない乱数を作ってみましょう。 0〜19まで数字を20個ランダムで作る例です。 js 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

続きを読む

プロフィール画像

こたぽん

ビールと生ハムが好き

フロントエンドエンジニア

Tokyo