Titaniumでアプリを開発する言語はJavaScriptです。ということは、Coffee-Scriptで開発をしたいですよね。そして、Coffee-Scriptで書かれたファイルが更新されたら、自動的にビルドして、iOSシミュレーターが自動的にリロードしてほしいですよね。TiShadowとGruntを使えば、そんな願いを叶えてくれます。また、TDD(Test Driven Development)やBDD(Behavior Driven Development)を実施することもできます。 TiShadowのインストール npmでインストールするのと、iOSシミュレーターとAndroidエミュレータに、TiSharowをインストールする必要があります。両方共簡単です。 command 1 $ npm install -g tishadow インストールが完了したら、tishadow server とコマンドを打ってください。このコンソール画面は、サーバーが起動していますので、ウィンドウは閉じないでください。 command 1 2 $ tishadow server [DEBUG] TiShadow server started. Go to http://localhost:3000 たぶん、localhostにアクセスしてと、メッセージが出ると思います。 実際にアクセスしてみて、このような画面が出ればOKです。今回は、この画面は使いません。 次に、GithubにあるTiShadowのページからファイルをcloneします。zipをダウンロードしても構いません。 https://github.com/dbankier/TiShadow この中にある、appフォルダーの中に移動して、アプリをビルドします。 command 1 2 3 4

続きを読む

プロフィール画像

こたぽん

ビールと生ハムが好き

フロントエンドエンジニア

Tokyo